1. To me being the gangster was better than being president of United States.

    — 

    image

    Goodfellas

  2. 『情熱のピアニズム』

    「あなたは、生まれつきの障害で身長が1メートルにも満たないジャズピアニストを知っていますか?」

    ミッシェル・ペトルチアーニ、初めてその名を耳にした方はぜひ映像を観てもらいたい。

    初めて観た方は彼の特異な外見にまず驚くだろう。

    しかし、その旋律に耳を傾けると、力強く優しい音色に心奪われるはずだ。

    骨がガラスのように脆くなってしまう生まれつきの障害を抱えながらも、生命の炎を燃やすように36年間の人生を駆け抜けた人間味溢れる天才、そんな彼の生涯に迫ったドキュメンタリー。

    作中のインタビューで「150%で生きる」と言い切るその表情からは、彼だけが知り得た深い苦しみとそれを乗り越えようとする強い覚悟を感じさせられた。

    この作品を通じて、彼と彼の奏でる美しい音楽に出会えたことを感謝したい。

    『情熱のピアニズム』

  3. 『テイク・ディス・ワルツ』

    Bunkamuraにて鑑賞。

    ふとしたきっかけで出会った青年と夫との間で心揺れる女性の物語。

    どちらを選んだら「ハッピーエンド」かという単純なお話ではなく、人生とは常に「足りないもの」があり、それでも上手くやっていくのが「大人になること」だというメッセージが込められているように感じた。

    冒頭と終盤で同じシーンを対比させることで主人公・マーゴの心境の変化を表現しているのが印象的。

    主演のミシェル・ウィリアムズはキュートであり、心の機微を見せるちょっとした仕草や表情が「いいな」と感じさせる演技でした。

    ★★★☆☆

    テイク・ディス・ワルツ

  4. Choose life. Choose a job. Choose a career. Choose a family. Choose a fucking big television, Choose washing machines, cars, compact disc players, and electrical tin can openers. Choose good health, low cholesterol and dental insurance. Choose fixed-interest mortgage repayments. Choose a starter home. Choose your friends. Choose leisure wear and matching luggage. Choose a three piece suite on hire purchase in a range of fucking fabrics. Choose DIY and wondering who the fuck you are on a Sunday morning. Choose sitting on that couch watching mind-numbing spirit-crushing game shows, stuffing fucking junk food into your mouth. Choose rotting away at the end of it all, pissing your last in a miserable home, nothing more than an embarrassment to the selfish, fucked-up brats you have spawned to replace yourself. Choose your future. Choose life … But why would I want to do a thing like that? I chose not to choose life: I chose something else. And the reasons? There are no reasons. Who needs reasons when you’ve got heroin?

    — 

    image

    Trainspotting

  5. 『トゥルー・ロマンス』

    一夜にして激しい恋に落ちたクラレンスとアラバマがふとしたきっかけから犯罪に巻き込まれていく、ロマンティック・バイオレンス・ムービー。

    監督のトニー・スコットは正直よく知らないのですが、何と言っても脚本のタランティーノ。

    音楽のチョイス、サブカル(カンフー映画)の引用、強烈なバイオレンス…彼の美学がしっかり詰まっています。

    作品を通じて飛び交う暴力の中で、クラレンスとアラバマの愛し合う姿は美しく、爽快感の残る良作。

    主人公の父親役であるデニス・ホッパーの演技が「流石」の一言でした。

    ★★★☆☆

    トゥルー・ロマンス [DVD]

  6. There must have been an angel by my side
    Something heavenly led me to you
    Look at the sky
    It’s the color of love
    There must have been an angel by my side
    Something heavenly came down from above
    He led me to you
    He led me to you

    He built a bridge to your heart
    All the way
    How many tons of love inside
    I can’t say

    When I was led to you
    I knew you were the one for me
    I swear the whole world could feel my heartbeat
    When I lay eyes on you
    Ay ay ay
    You wrapped me up in
    The color of love

    You gave me the kiss of life
    Kiss of life
    You gave me the kiss that’s like
    The kiss of life

    Wasn’t it clear from the start
    Look the sky is full of love
    Yeah the sky is full of love

    You gave me the kiss of life
    Kiss of life
    You gave me the kiss that’s like
    The kiss of life

    You gave me the kiss of life
    Kiss of life
    You gave me the kiss that’s like
    The kiss of life

    You wrapped me up in the color of love
    Must have been an angel came down from above
    Giving me love yeah
    Giving me love yeah

    You gave me the kiss of life
    Kiss of life
    You gave me the kiss of life
    Kiss of life

    — Kiss of Life / Sade

  7. 最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

    ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

    先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

    翌朝、その男から返信がありました。

    凄い3ショットだ
    どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
    でも、なんだか嬉しい3ショットですな

    — 水曜どうでしょう (http://www.htb.co.jp/suidou/)

  8. Let’s talk business.

    — 

    The Godfather

  9. I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love.

    From the very first time I placed my eyes on you, girl,
    My heart says follow through.
    But I know, now, that I’m way down on your line,
    But the waitin’ feel is fine:
    So don’t treat me like a puppet on a string,
    ‘Cause I know I have to do my thing.
    Don’t talk to me as if you think I’m dumb;
    I wanna know when you’re gonna come - seen.

    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love,
    ‘Cause if summer is here,
    I’m still waiting there;
    Winter is here,
    And I’m still waiting there.

    Like I said:
    It’s been three years since I’m knockin’ on your door,
    And I still can knock some more:
    Ooh girl, ooh girl, is it feasible?
    I wanna know now, for I to knock some more.
    Ya see, in life I know there’s lots of grief,
    But your love is my relief:
    Tears in my eyes burn - tears in my eyes burn
    While I’m waiting - while I’m waiting for my turn,
    See!

    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love;
    I don’t wanna wait in vain for your love, oh!
    I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna wait in vain.
    I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna wait in vain.
    No, I don’t wanna (I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna - I don’t wanna wait in vain) -
    No I - no I (I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t
    wanna - I don’t wanna wait in vain) -
    No, no-no, I, no, I (I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna - I don’t wanna wait in vain) -
    It’s your love that I’m waiting on (I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna wait in vain);
    It’s me love that you’re running from.
    It’s Jah love that I’m waiting on (I don’t wanna - I don’t wanna -
    I don’t wanna - I don’t wanna - I don’t wanna wait in vain);
    It’s me love that you’re running from.

    — Waiting in Vain / Bob Marley & The Wailers

  10. 2012.3.11

    1年前の今頃、自分は太平洋上にいました。

    タイ、メキシコ、キューバ、アメリカを周遊した卒業旅行からの帰路、あと1時間ほどで東京に戻れるんだなと思っていたその時、突然の機内アナウンス。

    「東京で大きな地震がありました」

    そのまま飛行機は成田に着陸することが出来ず、新千歳空港へ向かうことになりました。

    新千歳に着き、ようやく携帯の電源を入れることが出来たのは夕方17時頃。

    メールやTwitterで目に飛び込んでくる「東北」「大地震」の文字、全く繋がらない電話。

    その時はじめて、大変なことが起きているということが分かりました。

    自分自身は「揺れ」すらも経験することなく、TVに映し出されるあまりにも信じ難い光景にただただ衝撃と悲しみを感じるばかりでしたが、我々が共有している「日常」があまりにも簡単に壊されたあの感覚は忘れることが出来ません。

    1年後の今日という日を驚くほど穏やかに過ごせていることに感謝しながらも、改めて思うのは、自分の周りにいてくれる大切な人々を大切に出来るように、ということ。

    その気持ちを忘れないように。